歯医者とのつきあい


お正月もあけて七草粥も終わったあたりからどうもアゴが変な感じ。最初は「このグリーンカレー鍋、鶏肉が固くて噛みにくいよ」とか言っていたのだが…

歯じゃなくてアゴ

別に歯は痛くも何ともない。アゴがなんだかおかしいのだ。動かすとちょっと痛い。大きく開けるとなお痛い。激痛と言うより鈍痛。顎関節症なのかな?と思い整骨院にでも行くかと考えてたんだけど、それともちょっと違う感じ。

昔の歯医者治療でどこかの歯の神経を抜いていた事を思い出す。ひょっとして虫歯か何かで歯が悲鳴を上げてるんだけど歯に神経がないからまわりが痛くなってんの?と思いつく。さっそく歯医者へゴー!

五年ぶりの歯医者

自分にあった歯医者を見つけるのは難しい。自分にあった床屋や美容院を見つけるのと同じくらい難しい。以前はなかなか相性のいい歯医者が見つからず歯医者ジプシーだったのだけど、五年前にようやく巡り会って全部治療してもらったことがある。歯医者じゃなくて歯科口腔外科なんて書いてある。カッコイイ。

今回も迷わずそこへ電話。前は日焼け系サワヤカ青年が担当してくれてたんだけど、今度はカワイイ系の美人女医さんが見てくれた。二倍お得な気分。いや本当に美人。マスクで下半分が見えないのが残念だけど。こりゃ通うしかないな。決定。

真相

上から見ただけじゃわかんないのでレントゲンを撮影。「えー、意外と大変」と思ってたらなんかSFチックな機械にアゴを乗せて周りをグルグル装置が回ったらお終い。もう画像が出てる。インスタントで凄いな、技術の進歩って。

結果から言うと見えないところからの虫歯、でかい。しかも神経に達してる。さらに抜いたと思ってた神経は、その歯じゃなかった。「相当な激痛がするはずですよ」「口が開けられないはずですよ」と言われるが、サッパリそんな気がしない。痛みに対しては鈍感な性格が災いする。

あまりに痛がらないので「あれ?本当に神経ありますよね」「ここ感じますか?」と先生を不安にさせつつも治療開始。ガッツリ削られる。

歯医者歴(子ども編)

小さい頃から歯医者通いだった。歯科治療に関しては超過保護な実家だった。自然に抜けた乳歯は一本しかない。(キャラメル食べてたらくっついて抜けた)それ以外は全て歯医者さんの計画の元で「きれいな歯並びになるように」プランを立てて抜かれていった。だから時には結構無茶なことになる。「前歯四本いっぺんに抜いて歯茎縫っとくね」などという小学生には恐怖ものの事態に陥ることもしばしば。

その他にもアゴが小さいから全部生えそろうのは無理、という歯医者の判断によって永久歯も抜かれて(計四本)後から生えた歯を幅寄せできれいに並ぶようにしてある。これって他の人で聞いたことがないけどメジャーな方法なのかな?今でも歯医者に行くと「あぁ小さい頃抜いたんですね」とすぐ理解してくれる医者と「あれ?歯がない、、」となる医者がいるんだけど。

歯列矯正

さらに歯並びを追求して歯科矯正もおこなった。最初はラグビーのヘッドギアのようなものをつけてアゴをぎゅうぎゅうに引っ張る。これが数年間。途中から並行してよくある歯のブリッジみたいなものをつけて一本一本をきれいに並べる。

他の人の経験を聞くと歯にかぶせたり取り外し自在だったりするようだけど、僕がやったのは歯に接着剤のようなもので一本に一つずつ器具を取り付けて、それに針金を通して締め付けるというタイプ。これが痛い。

毎週毎週歯医者に通って定期的に針金を締めてもらうのだけど、その日はだいたい痛くて眠れない。土曜日に通っていたんだけど、あまりの痛さにテレビでドリフの全員集合を見ていても楽しい気分になれなかったのを良く憶えている。(たまに懐かしの番組特集でドリフを見ると歯医者を思い出すほど)

小学6年生まで続けた甲斐があって、今では相当にきれいな歯並びだ。小さな頃は「何でこんなことしなきゃならんのか?」と思っていたが、今は数百万?払って最高の歯並びにしてくれた親に凄く感謝している。ホントに。今でも盆正月に会う度に感謝の言葉を忘れないほどだ。

歯医者歴(成人編)

小さい頃あれだけ通った歯医者とも大人になってからは疎遠になって、実家とも遠く離れてしまった。滅多に虫歯にならないので油断もして、「なじみの歯医者」なんて無かったんだけど、意外な伏兵がいた。親知らずだ。

何で小さい頃にあれだけ歯科矯正されたかというとアゴが小さいからだ。というか口が小さい。普通の永久歯も生えるのが無理だったのに、親知らずが生えるスペースなんて0だ。だから生えないし痛い。抜くしかないのだが…

抜くのも難しいのでメスで歯茎を切開する。これで一本は抜けた。でも他の三本は無理。どうするのかと思っていたら「砕きます」だってさ。(笑)

大工さんが使うノミとハンマーのようなもので、ちょっとだけ顔を出してる歯めがけてガーンガーンと長時間やられる。麻酔が効いてて痛みはないけど恐怖感は相当なものだ。しかも口が小さくて広がらないので罰ゲームみたいな器具で口を広げて固定される。さらにエレファントマンが被ってたような穴が開いた袋を頭にかぶせられ、口の所だけ出るようにされる。暗闇の恐怖。

で、バラバラになった親知らずを歯茎の間からピンセットで取り出して完了なんだけど、なんだろうこの大がかりな抜歯。昔の人はどうしてたんだ?歯に糸を結んで引っ張るのとは偉い違いだな。

現在

今通ってる歯医者さんでは、そんな物騒なこともなく最先端の技術を堪能させてもらっている。しかも美人。(しつこいか?)これだけ幼い頃から歯医者に通う慣れてると麻酔の注射だろうがドリルの音だろうが平気になる。「歯医者通いのプロ」といったところ。全然名誉なことじゃないけど。来週の歯医者が待ち遠しい。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類