ジャージ軍


学校帰りの電車にたまたま乗り合わせた、気の弱い私。まわりは
紫色のジャージで塗り固められている。男も女もない、純粋なジャ
ージ生物の群れの中で電車が駅につくのを待つ。

ジャージの持つ力。学生服でさえも、学校の個性を隠しきれない
というのに、ジャージは全てを色の記号に変えてしまう。その暴力
的な色彩の軍団は、その中における人間ドラマなどというものを外
部には感じさせず、色彩の記号を発信しつづける。

いったいどこの学校で、なんのためのジャージなのか?だれもが
思う疑問は、その色彩に飲まれて消える。最後までわからなかった
疑問は、いつも口から出る前に消えてしまうのだ。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類