憤慨する2本のレール


どこまで行ったら
僕達は
交差できるのかい?

重金属を
黒塗りの木材が支えている
振動だけが
二人の間で交わす
唯一の会話かもしれない

伸びたり縮んだり
季節は容赦なく
僕たちを弄ぶ
それはそれでいい
こちらにも考えがある

問題は
錆だ
赤茶けた錆の粉末に
自分の寿命を重ねあわせる
世界の終点まで
二人は重なる事もなく
お互いを見つめあいながら
どこまでも
伸びていくのだ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類