破壊の神々


地下鉄を降りると
そこは小さな戦場だった
怒声が響きあい
街を闊歩する商人たちの群れ

世界は
終わって欲しい時には
なかなか終わってくれない
全てが自由になった現代でも
テレビのリモコンのように
世界のスイッチを切れるボタン
どこかに確実にあった筈なのに
みんなが、持ち主さえもが
存在を忘れ
笑いあって生きている

ガラスでできたビルが
街の中央にそびえ立つ
名前がわからない
地表の目的地として
退屈な平面の世界から
苦しそうに
天空へ伸ばした手

猿真似の三次元を
あざ笑っている奴らが
世界のゼンマイを巻きつづける
いつの日か
ボタンを押し
全てが消える
その時まで

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類