未公開の図書館で


空調に惑わされ
フラフラと入り込んでしまった
図書室の内部では
記憶の断片が
床に転げ落ち
修復されるのを
待ちつづけている

子供たちが走り回り
老人達は黙り込み
時間の経過と共に
貴重な学術文献は
都市に消化されていく

本来ならば
僕も一役かって
書架でできた迷路に
迷い込むべきなのだが

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類