振動


生化学的にも
分類不可能な
強烈な震えが体を覆う

真剣さは薄れて
全ての文書は
クリップでとめられる
貧乏ゆすりが
猛烈な速さで
繰り返される
拘束されたまま

一秒間に
300メートル以上を
駆け抜ける
その振動が
乾いた運動場に
広がっていく
その時の君の姿を
僕は音速で思い出した

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類