教え子


昔からの教え子と会った。

最近、調子が悪く、落ち込んでいたそうだ。
まわりの人間も、もてあましていたが
「平松さんに会いたい」と言いだしたそうで、
「本人がそう言うんなら」と、連れてきてくれた。

まわりの人間が声をかけても
ずっと下を向き、口を開かなかった。
聞かれたことにも、ポツリと一言で答える。

私の前にきたときにも、そんな感じだった。
「どうしたんだい?」
「いやんなっちゃった」
「何が?」
「ぜんぶ」

私は時間をかけて、少しずつ
近況、悩み、恐れ、望みを聞きだしていった。
そして対応法を一つ一つ連れてきた人間に教える。

最期に「これからどうする?」と聞くと、
「違う所に行きたい」と言う。

「俺もだよ」と答えた。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類