猫の飼い方


今日は友人が、猫をつれて遊びに来てくれた。物怖じしない生ま
れて五ヶ月の、大人になりかけの猫だ。まだ若干、手足の長さがア
ンバランスで、顔も子供に近い。

しばらくはおとなしくしていたが、我が家の複雑な(私の趣味で
、だが)家具の配置が気にいったのか、夢中でかけまわる。紐を持
ってブラブラさせると、のってきてくれて、一時間近く私も夢中に
なって遊んでしまった。

学生時代、自分でも猫を飼ったことがある。アパート住まいだっ
たので、壁と床一面にダンボールを張り巡らし爪研ぎに備えた。今
日遊びに来た友人の友人が拾ったというのだが、飼えなくて私の所
に回ってきたというわけだ。

やってきた猫は、生まれて2ヶ月ほどだったが、事故で下半身の
骨がグチャグチャになって、耳は化膿してふさがり、ウイルス性の
腹膜炎を患っていた。三重苦だ。やってきて、すぐに、異常に便の
量が少ないことが判明した。

すぐに獣医を尋ねると、骨の異常で腸も詰まっていて、便が詰ま
っていることが判明。すぐに摘便(便をかき出す)し、骨の手術の
日程も決まった。その日から、毎日、摘便と耳の膿のクリーニング
が私の仕事となった。

その時になって、ようやく私は、猫に人間様のような保険が適用
されないことを知った。手術は三回に渡り、エリザベスカラーを
(猫が傷口を舐めないようにするラッパ型の首輪)つけられた猫は
手術の痛みで泣き、私には30万の借金が残った。

下半身がつぶれていて、メスだと思っていた私は「凛々(りり)
」というカワイイ名前をつけていて、病院のカルテにもそう記され
ていたのだが、骨の変形が治るとオスであることが判明した。

「カワイイ名前をつけましたね(笑)」そう獣医に言われ、あわて
て名前を「康二」にかえた。私の名前が康一だからだ。だが、最後
までカルテには「平松 凛々」と書かれていた。

半年ほど、うちでリハビリした結果、耳も腹膜炎も腰の骨も丈夫
になり、私が借金苦でカップラーメンを食べているときもモンプチ
なんぞを食べやがって、おまけに私がトイレにいった隙にカップラ
ーメンの残りまで食べてしまうようなやつに育った。つまりは完全
な健康体になったのだ。

最初に拾った人間が「飼えるようになった」と連絡してきたので
かなり情も移っていたのだが、引き渡す事にした。とうとう私には
借金だけが残ったことになる。トホホ。

今、我が家でも再度、猫を飼おうかどうか思案中である。今日は
猫と久しぶりに遊んだので、テンションも上がっている。さて、こ
の後、どうなることやら。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類