小説の感動的巨大さ


小説を書いてみたい。小さな頃からそう思っていた。

「書けばいいじゃないか」
いや、いろいろと準備が必要なのさ。

「準備をしてから書けばいいじゃないか」
うん、そうなんだけど、話が思い浮かばないんだよ

「話なんてそこら中に転がっているよ。それを書けばいいじゃないか」
簡単に言うけど、それで人を感動させなきゃいけないんだぜ

「感動しない小説だってあるだろう。とにかく書けばいいじゃないか」
うん、確かにそういう小説もある。
でも、感動させない小説は目的がないような気もするし。

「目的がない小説だってあるさ。とにかく書いてみるといい。」
わかってるよ、つべこべ言われなくても。

「つべこべ言わなきゃ永遠に書きはじめないつもりだろう。」
あぁ、そうかもしれない。いいじゃないか無理しなくても。

「無理して書きはじめる小説だって、、、」
うー!うるさいなぁ。それなら自分で書けばいいじゃないか。

「わかったよ。書けばいいんだろう。書くよ」

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類