重装備の兵力


金属片が飛び散り
歯車が火花を吹き上げる

要塞を小石のように蹴飛ばして
彼は街を進んでいく
局地的に鋭い地響きを上げながら

太陽に照らされた
彼の内部は
物理的には存在可能だが
生物的な飽和状態に
静かに近づきつつある

判断を誤るな
油断は禁物だ

外部との熱交換が
うまく進まない
冷たい水が欲しい
道路の上では
蜃気楼が靄のように
漂っている

自分自身が発する轟音にもなれた頃
待ちわびた雨が降り始め
初めて自分の居場所を
確認する

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類