廃墟は時と共に


剥き出した鉄骨に
冷たい雨が
神経を叩くように
降りそそぐ

傷口に入った
雨の化合物が
コンクリートを
ゆっくりと
ジワリと
腐食させる

僕は
必ず写真を撮る
人間の勝利の証だった
建築を、建造物を
自然は残酷にも
長い年月をかけ
何もなかったかのように
土へと戻す

その瞬間に
つかの間の
輝く姿を
見せてくれ
廃墟よ

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  

  

  


(大文字小文字は問いません)

分類